住まいのリノベーションと
オーダーメイド家具製作

株式会社Re-create

[大阪市福島区F邸]壁面収納の施主検査とお引き渡しの立ち合い

大阪市福島区にお住まいのFさまのご自宅に、大容量の壁面収納を納品させていただきました。

施主検査ということで、担当プランナーである井上、設計担当の吉永、広報の松本の3人で大阪市福島区のお住まいに伺います。取り付け作業は既に先週完了しており、現場スタッフから作業中の様子や取り付け後の写真も見せてもらっていましたが、実際に見るのは3人ともはじめて。

特に図面担当の吉永は、4月に入社したばかりなので、自分の引いた図面が形になるのは何度見ても感動するようです。

 

リビングダイニングに入って右側に、大容量の壁面収納がすっぽり収まっています。オープン部にはラインの間接照明が仕込んであるので、スイッチを入れるだけで、壁面収納に表情が生まれたよう。とても美しいですね。

せっかくなのでアップの写真も一枚。中央のオープンディスプレイ棚はウォールナットカラーでオレンジの照明がとても映えてきます。ちなみにオープン部右上についているポッチは、間接照明のスイッチです。こちらもディスプレイの美しさを邪魔しない位置に配慮しました。

 

引き出しや開き戸をすべてオープンにした状態です。扉を閉めていると分かりずらいですが、こうしてみるとしっかりと収納計画が練られていること、その収納力が伝わってきます。

Fさまはリビングダイニングはもちろん、お住まい全体に収納スペースが少ないことをとても悩まれていたので、今回の壁面収納の完成にとても喜んでくださいました。

 

窓側からリビングダイニング全体を撮影した写真です。向かって左側にご紹介している壁面収納が、右側にはエコカラットプラス「ストーングレース」がキレイに貼られています。

 

エコカラットプラスも今回の工事でリクリエイトが施工させていただきました。壁面収納との色味やバランスを見極めて提案させていただきましたが、キレイに収まり、空間演出にも統一感が出ていますね。

 

Fさまも現場にいらっしゃって、吉永から改めて状況を説明させていただきました。壁面収納は取っ手のないプッシュ式が人気なので、実際に押し心地も確認してもらいます。ちょうど二人が立っている扉の向こうには…。

下段にマルチメディアコンセントが内蔵されています。これで目立たない扉内部に、無線LANのモデムやルーターを収納できます。可動棚板の奥側は配線を通せる欠き込み加工が施されています。

 

ここまで見ている方は、扉のところどころに付箋が貼られているのに気付かれましたか?

実は設置する際、現場担当のチェックで扉のキズがいくつか発見されていました。

こちらがアップで撮影したもの。よく目を凝らすと、オレンジの丸の中にひっかき傷のようなものが入っているのが分かりますでしょうか。リクリエイトでは、このレベルの傷も決して見逃さず、美しい造作家具の納品を目指しています。

付箋のついている扉は後日すべて取り替えさせていただく予定になっています。

 

キレイな収まりとFさまの喜ばれている様子に、スタッフも思わず笑顔になり、会話が弾みます。

 

最後に、玄関に施工した姿見とエコカラットプラス「ヴァルスロック」も撮影してきたのでご覧ください。

限られた空間ですが、アクセントクロスよりも僅かな凹凸があるエコカラットの方がアクセントになるので素敵ですね。

 

施工事例に今回の壁面収納のプラン詳細、図面などを掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

大阪市福島区F邸|オーダー家具|空間にしっくり馴染んだやさしい壁面収納

あわせて読みたいブログ