住まいのリノベーションと
オーダーメイド家具製作

株式会社Re-create

[大阪市西区O邸]CGパースによるプラン提案と平面図のbefore&after

現地調査とお打ち合わせが終わった大阪市西区O邸のご依頼主さまに、CGパースによるリノベーションプランをご提案いたしました。

当初は、フローリングのライトなカラーリングをベースに、ナチュラルなデザインプランで進めておりましたが、提案した内容へのご感想や好みのインテリアイメージを共有したところ、もう少し落ち着いた色味でグレード感のあるリノベーションを求めていらっしゃることが分かりました。

 

最終決定したCGパースをご覧ください。こちらは南側の窓からリビングダイニング全体を見渡したアングルです。もともと左側には和室が隣接していましたが、今回のリノベーションでLDKを拡張するため和室は解体することになりました。

中央正面の扉は廊下へと続いています。この後のお打ち合わせで引き戸のレール位置は廊下側の壁に取り付けられることになりました。

 

キッチン側からリビングダイニングを見渡した様子です。仕上げ材としては、床フローリングをすべて張り替えて、壁の一面を高級感のある名古屋モザイクのタイル張りとしています。折り上げ天井も立ち上がり部分に間接照明を仕込んで、よりラグジュアリーに演出する予定です。

 

キッチンスペースは昨今人気の対面仕様でありながら吊戸棚があることで若干閉塞感を感じるデザインでした。そこで、吊戸棚を撤去して解放感を生み、リビングダイニングとの繋がりが感じられる空間に。減少してしまった収納力をフォローするため、背面には使い勝手と収納力を十分に備えた造作家具のオーダーをご提案いたしました。

 

リビングダイニングのCGパースよりも難航したのが、廊下と玄関回りのデザインです。

リノベーション前はしっかりと収納スペース(シューズ棚)があったため、ご提案当初もある程度収納スペースを確保しつつミニマムな内装でプランニングさせていただいておりましたが、その後のお打ち合わせで収納スペースと余分なデザインをそぎ落としていきました。最終的に確定した記載のCGパースはS字のベンチを大胆にレイアウトし、ダウンライトと照明の演出をプラスすることで、洗練された空間に仕上げました。

※掲載しているCGパースは、竣工時と異なる場合がございます。

 

リノベーション前の平面図です。間取りとしては4LDKを2LDKに変えており、一つひとつの空間にゆとりを持たせました。

 

 

間取り変更後の平面図は書き込みが激しく見にくかったため、照明計画の際の簡略化された平面図を掲載させていただきます。トイレやお風呂など、水まわりの位置は変更していませんが、設備はすべて取り換えているので、新築のようにフレッシュに生まれ変わる予定です。

あわせて読みたいブログ