住まいのリノベーションと
オーダーメイド家具製作

株式会社Re-create

徳島県鳴門市 | リノベーション | 照明が創りだすホテルライク空間

DETAILS施工詳細データ

場所 徳島県鳴門市
築年数 29年
間取り 1LDK
マンション名 ふるさと君
施工箇所 玄関、リビングダイニング、キッチン、洗面所、トイレ、玄関、寝室
施工内容 表装(フローリング、クロス、壁、天井)、オーダー家具取付、造作、照明計画、住宅設備
造作家具 ベッド、収納、TV装飾 など
施工金額 約550万
施工箇所 マンション

穏やかな海街に佇むリゾートマンション「ふるさと君」。

喧騒から離れた静かな場所にありながらも、観光地として人気の高い淡路島や神戸へのアクセスも良く、サウナやジャグジー、図書館やレストランも完備する充実のレジャー施設にあるリゾートマンションです。

 

今回、広報スタッフがご紹介するのは、そんなリゾート施設で非日常感を存分に味わえる、ホテルライクなセカンドハウスです。

マンションリノベーションの間取り図イメージ

お客様から「ホテルライクな空間にしたい」とのご要望を受け、もともとあった和室を取り払い、海を見渡せる窓側の空間を寝室スペースに、キッチン&サニタリー空間は統一感あるシックな空間へと、すべての内装デザインをグレードアップ。全体をモルタル調で統一させ、高級感あふれるホテルライクな施工プランをご提案させていただきました。

 

陽射しが降り注ぐベッドルーム。左右の壁に間接照明を施し、夜は安らぎを演出

マンションリノベーションのベッドルームイメージ

床タイルカーペット仕様:[サンゲツ] DT-4251ボイスオブツリー

 

キッチンを玄関脇にあるサニタリー側に移設し、オーシャンビュー空間を寝室に変更。床素材には、素足に心地よいタイルカーペットをセレクトしました。ボイスオブツリーと呼ばれる、グレージュの繊細な柄が、心地よさと安らぎを演出しています。

ホテルをワーケーションとして利用することもあるとのご要望を受け、壁面デスクを設置。フロアに施されたカーペットとの色バランスを考え、木目調のものをプランニングしました。ミリ単位で調整を行い、フラワーベースやフォトフレームを置く飾り棚としても使いやすいサイズに仕上げています。

 

オーダー家具、ベッドフレームのイメージ

中央に設置した小上がり台のベッドフレームは、リクリエイトオリジナルのオーダー造作家具。ヘッド部分に間接照明を配灯し、夜には落ち着きある空間へと、灯りの表情の変化を楽しむことができます。

壁側に設置したブロンズミラーは、広がりを感じさせるだけでなく、ブロンズの光沢が上品な雰囲気を空間に与えています。両側から開閉可能な収納棚と、光を完全遮断しない木目ルーバーは、圧迫感を感じることなく、リビングダイニング空間とのゾーニングの役割を果たしています。

お客様からは、「普通に住む家と同じ発想で、バルコニー側はリビングダイニングかな、と考えていました。プランナーさんに提案してもらったプランをみて、なるほどなと。ホテルだと景色のいいところにベッドがありますもんね。収納が部屋の区切りを兼ねているのも、すごく便利です。毎日生活するわけじゃないから、手の届くところに荷物をしまえるのがいいですね」とご満足いただけました。

 

落ち着きあるLDK空間。ダイナミックなライン照明が、非日常感を演出

マンションリノベーション、リビングダイニングの間接照明のイメージ

ルーバー仕様:[WSサフマーレ] WS-5107Eブラックウォールナット柄

 

木目ルーバーが陽射しをやさしく取り込む、LDK空間。

テレビボードの上下にダイナミックなライン照明を配置し、シャープな光の直線を描くことで、空間に洗練さと奥行きを出しました。

一面に設えたタイルカーペットはベッドルームへとつながっています。適度な繋がりと抜け感を与えながらも、ベッドルームとはまた異なる雰囲気を味わえる空間に仕上げています。

 

マンションリノベーション、キッチン空間のイメージ

 

セカンドハウスならではのミニマルなキッチン空間。

揺らぎ模様の壁面クロスや、壁寄り配灯のスポット照明を取り入れ、スタイリッシュに魅せることで、生活感を感じさせない空間へとリノベーション。アクセントデザインとして、キッチンそれ自体がLDK空間に美しさを添えています。

 

お客様は、生活感をなくしたいというぼんやりとしたイメージをお持ちでした。

「シンプルなものにしませんか、とプランナーさんから提案を受けました。見た目はいいけど使い勝手はどうかなという不安があり、正直にお伝えしたところ、お手入れが楽ですよとプランナーさんがおっしゃってくれて。毎日料理をすることもないですし、実際使ってみると、確かに掃除がしやすいです。キレイな状態を保てるので気に入ってます」

 

重厚感あふれるサニタリースペース。”黒の美”がラグジュアリー感を演出。

マンションリノベーションの玄関イメージ

マンションリノベーションの玄関イメージ、引き戸を開けたところ

 

片開き戸だった廊下側の扉を、木目調の引き戸に変更。直線ラインが美しい木目調をセレクトしました。引き戸にするメリットは廊下にスムーズな導線をつくることですが、機能性だけではなく、引き戸を壁面デザインの一部として活かしています。

 

マンションリノベーション、洗面所とバスルームのイメージ

壁面クロス仕様:[サンゲツ] 床IS-891 / 壁RE-51717

 

マンションリノベーション、トイレ空間のイメージ

 

サニタリースペースは、洗面ボウルや浴槽、トイレシンクといった白の設備との対比が美しい、重厚感ある黒を基調としたデザインを施しました。

洗面ボウルを照らすスポット照明で、ハイグレード仕様の壁面クロスの美しさを際立たせ、バスルームの扉は一面ガラスに変更することで、高級ホテルを思わせる空間に仕上げています。

 

特にこのサニタリースペースは、お客様と何度もお打ち合わせを重ね、いくつも内装プランをご提案させていただきました。

「明るくて解放感がある方がいいかなって漠然と考えてたんですが、プランナーさんからご提案いただいたのは、黒が基調のデザインでした。考えてみたら、ホテルっぽくしたかったら、バスルームやトイレこそ非日常感が必要ですよね。ベッドルームやリビングダイニングで過ごすことがほとんどですが、ここが一番気に入ってるかもしれません(笑)」

 

「ホテルライクのような」といっても、お客様それぞれがイメージされるデザインはさまざまです。

今回、お客様の「ホテルライクな空間にしたい」というご要望に、どんなテイストのものをお望みなのか、リクリエイトが携わってきた事例をもとに、「こういったものはどうですか?」「こうした方がいいですよ」と細部にわたり、何度もヒアリングを重ねてきました。

リフォームやリノベーションといえば、広さを求めて間取りを変更する、という大掛かりなポイントに目が行きがちですが、大切なのは照明計画。照明によって、壁面クロスや床素材の表情をどんな風に魅せるのか。綿密にデザインし、「お客様だけのホテルライク空間」を創り出しました。