住まいのリノベーションと
オーダーメイド家具製作

株式会社Re-create

大阪市西区Y邸|リノベーション|エコカラットとダウンライトでベース空間を美しく

DETAILS施工詳細データ

場所 大阪市西区
マンション名 エスリード OSAKA MID WEST
施工期間 10日間
施工箇所 リビングダイニング、キッチン、洋室、廊下、玄関
造作家具 カップボード、ベッド用ヘッドボード
施工金額 1,773,000円(税別)
カテゴリー マンション

リクリエイトの大阪本社に程近い、大阪市西区のマンションをご購入されたYさま。

インテリアに大変ご興味がある様子で、大人の遊び心を感じる落ち着いた内装空間に仕上げたいとのご希望でした。収納に関してはモノをあまり増やしたくないというお考えでしたので、オーダー家具のご提案はカップボードのみとし、リビングダイニングへのエコカラットの施工や、ダウンライトの新設工事など、ベース空間を美しく整えることをメインにプランニングしております。

 

中でもエコカラットの施工面には、梁下にライン照明を仕込んで、凹凸のあるエコカラットが美しく照らされるように配慮。

梁部分には、リビングライニングのアクセントとなる東リの「マテリアル」シリーズのクロスを貼りました。天井間近にダーク系の色味を置くとお部屋全体の印象が暗くなるのでは?という意見も一般的にありますが、今回のYさまのお部屋は日当たりと眺めがとても良い物件でしたので、暗いお色味でも問題ございません。夜になると梁下のライン照明と増設したダウンライトからやわらかな光が空間全体に広がり、ラグジュアリーな印象の内装へと変貌します。

 

照明の増設工事に伴い、変更が必要なのは「スイッチ」です。リビングダイニングの入り口にあるスイッチは、「リビングダイニング」「キッチン」「廊下」だけで7つと大変多く、どのスイッチでどの照明がオンになるのか大変分かりづらい状況でした。

今回の工事で梁下のライン照明、ダウンライトなど増える照明に合わせてスイッチの数を増やすとますます大変なことに。そこでお客さまの使いやすさを考えながら担当プランナーがスイッチの数を減らして5つに変更。美しい内装だけでなく、工事が終わった後の暮らしやすさまで考えて、Yさまが迷わずにスイッチを入れられる仕様にプランさせていただきました。

 

また、主寝室にも間接照明を取り入れたヘッドボードを造作し、ゆったりと寛げるように。玄関と廊下もホテルのように高級感あふれる仕上がりになっておりますので、どうぞその全貌をご覧ください。

 

[リビング①]リビングのメインとなる壁面にはエコカラットプラス(グラナス ハルト/グレー)を張り上げました。Yさま邸の建具はダークブラウンよりも少し明るい木目調のブラウンなので、グラナス ハルトが絶妙なバランスでマッチしています。

[リビング②]エコカラット上の梁部分には、Yさまがセレクトされたアクセントクロス(東リ リアルデコ/マテリアルシリーズ)を。梁を天井と同じ白にせず、アクセントクロスを貼ることで壁面(エコカラット)と梁に一体感が出て、空間全体にクラス感が生まれます。

[リビング③]LDKの入り口からは死角になりますが、リビング奥にはコンパクトな収納用のクローゼットが設けられています。扉が他の建具と同じであるため、エコカラット、クロス、建具の印象を揃えることがとても大切でした。

[ダイニングキッチン①]リビング側からダイニングキッチンを見た様子です。こちら側にもキッチンカウンターの下と右側奥の壁面に、リビングの梁に施工したものと同じクロスが貼られています。また、少し分かりにくいですが、照明のスイッチも配線計画を練り直してキレイに整えられました。

[ダイニングキッチン②]アクセントクロスはアートのように絶妙な色味が絡み合ったデザイン。そこに2灯のダウンライトをプラスすることで、より表情に変化が生まれるようにプラン提案しました。この位置に照明が入るだけで、リビング側との照明のバランスが整います。

[LDK/ダウンライト]手前の6つのダウンライトは今回の工事で増設したもの。キッチンスペースのダウンライトは既存のものです。増やしすぎて天井がゴチャ付かないように、その並びにも美しさを意識しました。

[主寝室①ヘッドボード]寝室に入って正面の壁面にベッドヘッドが来ることを見越して、間接照明を仕込んだヘッドボードをオーダーメイドで製作しました。ヘッドボードの中央には、ベッドに入りながら灯りの調光とオンオフが触れるようにスイッチを設けています。

[主寝室②/ヘッドボード&エコカラット]オーダーメイドのヘッドボードの上側には、エコカラットプラスを。リビングダイニングよりも落ち着いたストーングレース(チャコールグレー)をセレクトしています。

[廊下]玄関の扉を開けると一番に目に入る廊下は、落ち着いたブラウンテイスト。まるでホテルのような内装は初めからすべて計算されていたようですが、左面のエコカラットプラス、建具やフローリングと同系色の壁面クロスは後からセレクトして施工されました。建具と壁面クロスは、通常ですとブラウン系とホワイト系とバラバラになりがちですが、同じ色味で統一するだけで一気に生活感をなくすことができます。

[玄関]玄関の壁面にはリビングに施工したものと同じエコカラットプラス(グラナス ハルト/グレー)を施工しました。一部分だけなので、かなりインパクトが生まれましたが、周辺の色味とトーンを揃えているので決してうるさくありません。

[リノベーション前の様子]

インテリア搬入後のお住まいの様子


お引越しが無事に終わった段階で、再度お住まいを訪問させていただきました。すると、グレーやブラウンなど、落ち着いたトーンで整えたベース空間に、重厚感のあるインテリアが並んで、生活感のない大人な住まいが完成していました。

さり気なくレイアウトされたグリーン、重厚感のあるパープルハートのテレビボードやダイニングテーブル、圧迫感を生みがちな大型のL字ソファは背もたれをロータイプにすることで、空間にしっくり馴染むように。

バーチカルブラインドにあえてグレーを選んでいるところも、Yさまのセンスの良さが伺えます。

 

せっかくなので、お写真をお借りして施工事例に掲載させていただく運びとなりました。

 

レザーや木の質感、エコカラットなど、一つの空間にさまざまなマテリアルが含まれているにも関わらずキレイに統一されているのが素晴らしいですね。リクリエイトはお客さまのご希望で、内装に合わせたインテリア提案もサポートさせていただいます。ショールームへのプランナー同行やお打ち合わせも可能となっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

Yさま、この度はリクリエイトへのご依頼、並びに撮影にご協力いただき、誠にありがとうございました。