住まいのリノベーションと
オーダーメイド家具製作

株式会社Re-create

大阪市北区I邸|新築リノベーション|光と質感の演出で「白」が際立つ空間へ

DETAILS施工詳細データ

マンション名 ザ・パークハウス中之島タワー
施工期間 約1ヶ月
施工箇所 リビングダイニング、キッチン、寝室、トイレ、玄関
造作家具 テレビボード、飾り棚
施工金額 10,000,000円(税別)
設計・施工プロセス 詳細をブログで見る
カテゴリー マンション

リノベーション前の空間は、人気のダークブラウンを基調としたシンプルなモダンスタイル。高級感はありますが、明るいカラーリングが好きな方やポップなテイストが好みの方には、少し物足りないテイストかもしれません。

ご相談をいただいたお客さまはまさにそのお考えで、マンションの条件や立地は申し分ないけれど、内装デザインにはかなり手を加えたいとのこと。白をベースにもっとキラキラ輝く空間にしたい、個性的なものが好きなので、ベーシックなダークブラウンはすべてなくしたいといくつかのご希望を頂戴しました。

そこで、CGクリエイターと相談して内装デザインを何度もご提案。リビングダイニングはフローリングの上に磁器タイルを、テレビ背面にはカラーガラスを張ることでより高級感をプラス。AVボードや飾り棚はオーダーメイドでカタチに個性を持たせ、随所に間接照明を仕込み、ベースの「白」が引き立つ工夫を盛り込みました。

キッチンは、独立型のクローズドキッチンでしたが、壁をすべて解体してアイランドキッチンへレイアウトを変更。お客さまご希望の「kitchenhouse(キッチンハウス)」のショールームまでプランニング担当が同行し、お打ち合わせをさせていただきました。

 

 

[キッチン]リビングダイニングへの扉を開けると、本来は左側にクローズドキッチンがありましたが、壁を解体してアイランドキッチンに。調理カウンターと背面収納の位置が逆転するため、既存の収納スペースや設備の撤去をはじめ、給排水の移動や電気工事など設備関連の工事も行い施工が完了しました。

[キッチンの背面収納]キッチン周りはすべて「kitchenhouse(キッチンハウス)」のものを採用。背面の収納下には、一緒に暮らすペット用のトレーを置くスペースにしました。

[冷蔵庫収納スペース]キッチンの左奥に収まっている冷蔵庫の収納スペースは、当初、キッチンの奥に隣接する洋室のクローゼットスペースでした。ですが、見栄えと収まりをよくするために壁を解体し、開口部を変更。冷蔵庫のサイズにあわせて収納部を新設しました。

[リビングダイニング]床にはすべてグレーの磁器タイルを、テレビ背面には美しいカラーガラスを張り合わせました。折り上げ天井の段差部分には間接照明を仕込み、天井に広がりを感じられるように。ゆったりとしたソファと円形のダイニングテーブル、美しいガラスのローテーブルは、お客さまがお好きなCassinaのものをレイアウトしています。

[リビングダイニングの飾り棚]写真中央に美しく収まっているのは、フルオーダーでご注文をいただいた飾り棚です。壁の中に埋め込むように設置するため、施工段階で壁と梁を解体してサイズを実測。現場担当から図面担当、家具職人と連絡を取り合いながら作業が進み、自社内のチームだからこその連携プレーでスムーズに完成しました。

[廊下]扉や床はすべてダークブラウンでしたが、タイルとダイノックシートを張り合わせることで、もとの姿が感じられないほど様変わりしました。壁面のクロスもすべて落ち着いたカラーのものに貼り直しています。天井部分には、間接照明を仕込むくぼみを作りました。

[玄関とエントランス]玄関の扉の脇にはコンパクトなニッチを設け、カギや小物などの定位置に。リビングダイニングから廊下と続いている床のタイルは、框用にタイルをオーダーすることで細部まで美しく仕上げました。

[リノベーション前の様子]

[平面図]今回はクローズドキッチンを解体・撤去して、アイランドキッチンを新設した部分が大きな変更箇所です。タイルやカラーガラスなど、違う質感を「白」というベースの色見で統一したこと、さらに、間接照明を細部に仕込むことで、空間全体がお客さま好みのキラキラと美しい空間へと変貌しました、また、玄関や廊下の天井にも間接照明を仕込むことで、リビングダイニングだけでなく、お住まい全体に一体感が生まれるように意識しました。