住まいのリノベーションと
オーダーメイド家具製作

株式会社Re-create

東大阪市M邸|中古リノベーション|素材選びと照明演出で広さを賢くゾーニング

DETAILS施工詳細データ

場所 大阪府東大阪市
築年数 25年
施工期間 3ヶ月
施工箇所 リビングダイニング、キッチン、洋室、玄関、浴室、脱衣所、トイレ、廊下
造作家具 リビング用テレビボード、ダイニング用テレビボード、ダイニング用吊戸棚、冷蔵庫上吊戸棚、トイレ用吊戸棚、洗濯機上収納、シューズボックス
施工金額 12,000,000円(税別)
設計・施工プロセス 詳細をブログで見る
カテゴリー マンション

眺望良好な東大阪市の中古マンションをリノベーションさせていただきました。

オーナーさまのご要望は、間取りを大きく変える必要はないが、リビングダイニングに複数ある出入口をひとつに絞り、すっきりとした空間に仕上げたいとのこと。開口部を少なくするということは、動きやすさに直接影響する部分なので、お客さまへのヒアリングがとても重要になります。すっきりしたデザインの部屋になったけれど、キッチンに回り込まないと入れない、収納スペースまでが遠くて不便など、住まいに手を入れて暮らしにくくなったとあっては本末転倒です。

また、LDK(リビングダイニングキッチン)の広さは約45㎡と一般的なマンションに比べてかなり広いため、インテリア仕上げ材のグレードを上げて、単調な空間に感じさせない工夫が必要でした。壁面や天井にシンプルなクロスを貼るだけでは、空間が間延びしてしまいます。そこで、シンプルでありながら重厚感を感じる仕上げ材を厳選。リクリエイトでも多く施工経験があるグレーの壁面タイルを思い切って多用することにしました。さらに、天井部分にも、フローリングや建具とのバランスを考えながら木目調のクロスを貼り合わせていきます。

 

内装デザインのお打ち合わせはすべてCGパースを利用しています。壁面タイルやフローリング、天井など、プランナーの頭の中に描かれている内装プランだけでは、お客さまも「本当に大丈夫?」と思われてしまいます。しかし、CGパースで作ったリノベーション後の住まいの様子をご覧いただくことで、安心してリノベーションの工事をスタートさせることができるのです。

今回は、オーナーさまがご購入されたマンションのお近くに既にお住まいであったため、工事期間中も度々現場の様子をご覧になってくださり、大満足の仕上がりになりました。

 

 

[リビングダイニング①]和室を解体してリビングダイニングを拡張しました。右手のドアは廊下へと繋がっており、キッチンへの動線もスムーズ。インターホンなどがある柱は、コンパクトなパントリーと、冷蔵庫収納となっています。

[インターホン周り]お客さまのご要望で、インターホンの下に小さなニッチを設けました。ペンや印鑑などの小物を置いたり、季節の花を飾ったりと、さり気なく暮らしの利便性を高めます。

[リビングダイニング②]リビングダイニングの全貌が良く分かる写真です。奥側のリビングとダイニング、両方からキッチンにアクセスしやすく、中央の柱がキッチン内部を程よく目隠ししてくれます。左手奥の壁面はタイルが施工してあり、天井の間接照明と相まって同じ空間でありながら、さり気なくゾーニングされています。

[リビングダイニング③]入り口から見て一番奥側のスペースの様子です。壁面と天井のマテリアルに変化を付けることで、このスペースだけ寛ぎをメインにした空間へと印象付けています。

[キッチン①]リビングダイニングの中央に位置するキッチンスペースには、最新のシステムキッチンを。位置は大きく動かしていませんが、奥さまの使い勝手が良いように、冷蔵庫上の吊戸棚やパントリーなど、収納の位置にもこだわりました。

[キッチン②]蛇口の上には、水切りラックを設置。使う頻度の多いコップ類や、ビルトインの食器洗い乾燥機に入らない大皿や調理器具を収納して、そのまま目隠しできます。すりガラスの扉は上に持ち上げて開けるタイプなので、上部収納の扉の取っ手と干渉しないように特に配慮しました。

[洋室]ご主人の要望を受けて、玄関横の洋室は男性が好む空間へ。ダークブラウンのクローゼット、間接照明を仕込んだ左側のグレーの壁面は、ベッドのヘッドボードとなる予定です。天井のクロスはダークトーンで、担当プランナーがご主人の好みをもとにご提案させていただきました。

[廊下]リビング側から玄関へと続く廊下部分の様子です。右側の壁面には大容量のクローゼットを。内部は、お客さまの用途に合わせた棚板を設置しているので、掃除機などもそのまま収まります。

[脱衣所]脱衣所に入って正面に位置する、リノベーション前からあった収納棚には、棚と扉を新しく造作してはめ込みました。右側の洗濯機設置上部には、吊戸棚も設置しており、収納力をしっかりと確保しています。

[浴室]水周りの設備はすべて変更していますが、中でも浴室とトイレは以前の様相からガラリと変化してラグジュアリー感がアップ。新築マンションのように美しく清潔な空間に生まれ変わりました。

[トイレ]タンクレスの新しいトイレ本体に加えて、壁面にはモザイクタイルを贅沢に。鏡の背面に間接照明を仕込むことで、閉ざされたトイレという空間をアートのような華やかな空間へと導きました。トイレの便座背面には、左右にトイレットペーパーと掃除道具収納の引き出しを設け、右側の天井には吊戸棚を設置しています。

[玄関①]扉を開けると、間接照明の灯りが木目調のウッドパネルを美しく浮き上がらせる玄関スペース。右側の壁面に鏡を大きく配置することで、空間を広く感じさせます。

[玄関②]リクリエイトの家具職人が製作したオーダーメイドのシューズボックス。ロータイプなので圧迫感がなく、バッグなど荷物の仮置きとしても便利です。玄関扉のすぐ横に位置するシューズボックスのみ、奥行と高さをプラスしているので、ブーツや長靴など高さのある靴もすっぽりと収納できます。

[リノベーション前の様子]